桜羊羹

「柚子こごり」の次は「桜羊羹」です。

この写真ではわかりにくいですが、一番上は透明になっています。

一番上は、寒天が主成分だそうです。

真ん中には「桜の葉」が細かく散りばめられており、それが甘さの中にしょっぱさを加味して、それこそ桜餅そのままの美味しさが凝縮されています。

寒天の部分を強調すると、見た目はさらに華やかになりますが、味のアクセントに欠けるようで、そのあたりのバランスが難しいとのこと。

もしかしたら、4月の坐禅会後の茶礼会でお出しするかもしれません。

乞うご期待。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です