のどかな日常

正光寺ののどかな日常を徒然なるままに綴ります。

のどかな日常

姫リンゴの実

2年前に上島の徳正寺さんからいただいた「姫リンゴ」の木です。

三重県桑名市産の姫リンゴ。

2年前に植樹した後、その年の台風の塩害により葉は落ち、枝は枯れ、一時期はもうダメかと思いましたが、昨年の春に花が咲くまで回復しました。

今年も花が咲き、嬉しく思っていたら、小さいながらも実をつけるまでとなりました。

「桃栗三年、柿八年・・・」ということわざがありますが、リンゴも実がなるまでには幾星霜を経なければならないのだろうと思っていただけに、実を見つけた時の感動はひとしおです。

食用として大きな実ができるのは、まだ2・3年先のこととなりそうです。

樹木の散髪

泰山木の剪定など。

この時期、草や葉の生い茂る速度が早いですね。

毎日、お寺の庭の剪定作業です。

実:家庭菜園(夏野菜など)

かぼちゃの実が大きくなってきました!!

人工授粉に成功したようです。

最初の1個目は失敗。

2個目は成功したようです。

きゅうりは次から次へと実が大きくなっています。


ミニトマトも順調そのもの。

枝豆も今回初めて栽培しましたが、順調に育っています。

まさに大地の恵み。収穫が楽しみです。

正光禅寺庭園

遠いところから散歩がてら花を見に来られる方もいらっしゃいます。

チリアヤメは4月末頃から境内のあちらこちらに咲きまして、今はサツキが見頃です。

昨年は驚くほどの数、花が咲き、枯れはしまいかと心配しましたが、今年もあちらこちらで綺麗な花が咲いています。

続:家庭菜園(夏野菜など)

5月1日に苗を植えたことを投稿しましたが、夏野菜が順調に育っております。

毎日水やりをしているとあまり実感がなかったのですが、5月1日の写真と比較してみると一目瞭然。

すくすくと成長したなぁと驚いています。

きゅうり、茄子、枝豆、ミニトマト、ブロッコリー、かぼちゃ等。

かぼちゃを今回初めて栽培しましたが、かぼちゃは人工授粉させることを知らなかったのですが、今回初挑戦。

果たして、実をつけるのでしょうか。