のどかな日常

正光寺ののどかな日常を徒然なるままに綴ります。

のどかな日常

春爛漫

新型コロナウイルスがなかなか収束しないため、外出もなかなかままならないため、家に花を飾る方が増えているそうですね。

春を迎えて、境内にもあちこちに花が咲き始めています。

つれづれ作務日記

つれづれなるままに作務(お掃除)の日記です。

本日は、少し前から気になっていた境内東側の溝掃除等々。

少し見ぬ間に、すごいことになっています・・・。

水の流れが緩やかであったり、砂利や石が水を堰き止めることで、草が成長するのでしょうか。

雑草の力、おそるべし。

そこで一気呵成に清掃しました。

ふ~、すっきり。

流れが淀むとろくなことになりませんね。

掃除をすると心も洗われます。

子地蔵さま

お彼岸お中日の「地蔵尊大祭」は新型コロナウイルス感染予防として休止させていただきました。

例年、大祭後にお持ち帰りいただく「子地蔵さま」は、お彼岸期間中、御本尊様の正面前机にお祭りしております。

ご希望される方はどうぞお参りください。(数に限りがあります。)

洗心

昨日、正光寺表参道の草刈りを行ないました。

参道がより一層引き立ちます。

丸塚 十輪寺さんにて

本日は、丸塚町の十輪寺さん(写真は秋頃)にて、静岡県仏教会の事務作業がありました。

事務作業を行なう前に、蔵書の数々を拝見させていただきましたが、その中で読んだ方が良いということで、貸していただいた本がこちら。

著者は、元々考古学を専門とされた方で、その中でも古墳関係を中心に扱って来られた方だそうです。

日本における「埋葬の歴史と先祖観」から始まる話。

僧侶として読んでおいた方が良いということで貸していただきました。

読み終えたら感想をこちらに書かせていただきます。

(積読されている本が何冊かあるので時間がかかると思いますが(^_^;))