観音さまのこころ

横田南嶺老師(実相寺にて)

9月に某お寺で横田南嶺老師の法話会が行われました。

題して「観音さまのこころ」

法話の前に延命十句観音経のお守りをいただきました。

延命十句観音経をわかりやすく意訳されていますので、掲載します。

「観世音」

観音さま どうか人の世の苦しみをお救い下さい

「南無佛」

人の苦しみを救おうとなさる そのこころこそ仏さまのみこころであり 私たちのよりどころです

「與佛有因」

この仏さまのこころが私たちのもって生まれた本心であり

「與佛有縁」

さまざまなご縁にめぐまれて このこころに気がつくことができます

「佛法僧縁」

仏さまと仏さまの教えと教えをともに学ぶ仲間とによって

「常楽我浄」

私たちはいつの世にあっても

変わることのない思いやりのこころを知り

苦しみ多い中にあって

人の為に尽くす楽しみを知り

この慈悲のこころを持って生きることが

本当の自分であり 汚れ多き世の中で

清らかな道であることを知りました

「朝念観世音」

朝に観音さまを念じ

「暮念観世音」

夕べに観音さまを念じ

「念念従心起」

一念一念何をするにつけても

この思いやりのこころから行い

「念念不離心」

一念一念何をするにつけても

観音さまのこころから離れません

達磨図(南嶺老師)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です