第2回 日美展(東京:国立新美術館)

昨年もお伝えしましたが、(昨年のブログはこちらをクリック

日美展って、御存知でしょうか?

日美展とは、「軽井沢千住博美術館」を運営する「公益財団法人国際文化カレッジ」が主催する公募展。

平成8年に「総合水墨画展」、平成12年に「日美絵画展」が誕生し、平成19年に2つの展覧会名称を引き継いだ形で「全国公募 日美展」の総称のもと、両展が開催されてきました。平成29年より「日美絵画展」を【絵画部門】、「総合水墨画展」を【水墨画部門】として再編し、名実ともに「全国公募 日美展」となり、その記念すべき「第1回全国公募 日美展」が昨年行なわれ、今年は第2回目となります。

昨年、『秀作』を受賞した母でしたが、今年は2作品を日美展に応募しました。

すると・・・、なんと!!

2作品とも賞を受賞したそうです。

『国際文化カレッジ賞』と『秀作』。

平成30年8月9日~8月18日まで、東京 六本木にあります「国立新美術館」にて展示されます。

そのうち、お寺のどこかに掲げてご覧いただける機会もあると思いますので、お参りの際にご笑覧いただければと思います。

追伸 色鉛筆画を「隠寮HP」にてご覧いただけますので、こちらも合わせてお楽しみください。

普賢菩薩

畳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です