本山夏期講座、無事円成。

先月21日に奥山の本山で夏期講座がありました。

講師は、龍潭寺 閑栖和尚様。桂 才賀師匠。金澤泰子・金澤翔子両先生の三組の方達でした。

龍潭寺さんは来年のNHK大河ドラマ「井伊直虎」について。

先日、中日新聞に主演の柴咲コウさんが龍潭寺にお参りに来られたのが一面トップ記事でしたが、井伊直虎の菩提寺が龍潭寺さんなんですね。では近くの方広寺は井伊直虎と何の関係も無いのかといいますと。いえいえ、そんなことはありません。多少なりとも関係があります。

と申しますのは、直虎が出家する前の婚約者「直親」の結婚相手の父親が奥山朝利といいまして、この方は奥山六郎二郎朝藤の子孫にあたります。この奥山六郎二郎朝藤は、方広寺を語る上で重要な人物なのです・・・。(詳細はこちらを。)

2人目の桂 才賀師匠(7代目)は異色の経歴の持ち主で、入門時に桂文治師匠から「入門したければ自衛隊に3年入隊しなさい」と言われ、本当に入隊してから再度門を叩いたそうです。

「約束通り3年間、海上自衛隊をやって参りました。弟子にしてください!」って言ったら、

「あんた誰だい?」と文治師匠は忘れたフリしたそうです(^_^)

諦めさせる為の口実だったので、文治師匠もさぞかし驚かれたそうです。

その後、文治師匠が亡くなられ、縁あって古今亭志ん朝門下に移籍。

古今亭朝次という名前で二つ目の時に『笑点』のレギュラーもされていました。

その後、ひょんなことから、少年院や刑務所を落語で慰問して回られることになります。

この方の話も面白かった。なにせ普段、講演等に全く興味を示さない友人が「1時間の話を退屈せずに聞けたのは初めてだった」と言ってた位です。

最後は、金澤泰子・金澤翔子両先生です。

お坊さん界では知らない人はいないのではないかという位のビッグネームです。

鎌倉建長寺さんや京都の建仁寺さんともお付き合いの深い方で、最初に翔子さんの席上揮毫。続いて泰子さんの講演。最後に翔子さんがマイケル・ジャクソンの音楽に合わせてダンスするという何とも密度の濃い時間を味わいました。

禅の境地を「地で行かれてるなぁ」とは思ってましたが、そこから、まさかまさかのマイケル・ジャクソン!?

「凄すぎる」の一言です。上手い言葉が見つからないです。

来年の講師はまだ決まってませんが、おそらく8月27日頃開催の予定です。ご興味ある方は是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です