春の訪れ

白梅

紅梅

春の訪れを告げる梅が、裏参道をほのかに彩っています。

行事や寺務に追われ、咲く瞬間を見過ごしたのが悔やまれます。

梅は、まず「白梅」が咲き、それから少し遅れて「紅梅」が開くそうです。

与謝蕪村が俳句で詠われています。

〝 二もとの 梅に遅速を 愛すかな 〟

庭に植えている紅白の梅の木。姉妹のように仲良く、競うように咲き始める情景が目に浮かびます。

今年の冬は柿やパイナップル「干し」に挑戦しましたが、梅に実がなれば梅「干し」に挑戦するのも良いかもしれませんね(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です