「 竹翠払仙壇 」

今月の禅語です。

「仙壇」とは仙人が住む場所の意味。

この句には、まっすぐ伸びた竹の生き生きとした緑が、仙人の住むような遠く高いところまで届いているようだという、初夏の一日の伸びやかで清々しい情景が描かれる。

修行完成者の澄んだ目で見た爽やかな姿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です