「西の庭」造園(修復)作業

「仏法」の『法』という漢字には〝水が去る〟という意味が含められているそうです。

 

つまり、水は高いところから低いところに去っていく。

 

それが〝自然の理〟。

 

築山の造園作業はまさにそれが理由だったわけですが。

 

今回の「西の庭」もまた同様に。

 

囲い(柵・堤防)が無ければ、島は崩れてしまいます。

 

そこで囲いを施す造園(修復)作業を行ないました。

 

 

「龍のヒゲ」が伸びるか否か。

 

しばらく様子見です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です