働羅漢(はたらかん)

令和二年二月の伝道板です。
『 精出せば 凍る間もなし 水車 』

 【働羅漢】(ハタラカン)

 昔々、奥山の方広寺に照安(しょうあん)という怠け者で喰いしん坊の小僧さんがいました。

庭掃除の時はホウキを投げ出してリスを追いかけたり、薪割りを頼まれても沢ガニを捕まえて遊んでばかり。そしてお供え物のお饅頭や果物を取ってきては、こっそり食べていました。

ある日のこと、照安さんは参道の傍らで小さな石のお地蔵さまのようなものを見つけました。
愛嬌のある可愛らしい顔をしていたので袂に入れて小僧部屋に連れて帰りました。

翌日、いつものように和尚さんの言いつけも守らず、お経をサボって一日中遊んでお供え物をたらふく食べて部屋に帰ってみると、昨日拾ってきたばかりの石仏が二回りほど大きくなっていました。

少しおかしいなとは思いましたが、次の日もその次の日も一日遊んでお饅頭を食べて照安さんが帰ってくるとまたまた石仏は大きくなっていました。毎日毎日遊んで食べて一日を過ごすと石仏はどんどん大きくなっていきます。

ある夜、夢を見ました。

照安さんがお掃除も草取りもせずに何もせずにお供え物ばかりたらふく食べていたので、体は二倍にも三倍にも大きくなってしまい、気がつくと石のように重たくなっていました。

どこからともなく和尚さんのお経の声が聞こえてきます。
「一切喰う役・・・喰う喰う、ふ〜い〜・・・腹満たし〜腹がイテェ〜無限悲しい〜・・・飲むから足んねぇ、喰うから足んねぇ・・・」と。

照安さんはお腹が苦しくて苦しくてたまりません、でも起き上がれません。

そう、ゴロゴロに太った石仏になっていたのです。

ただただ一生懸命「もう喰う症状、怖ぇにぃは照安」と、お経なのか遠州弁の寝言なのかを繰り返していました。

朝がやってきて、もう懲り懲りの照安さんは和尚さんのところへ行って昨夜の夢のことを話して心の底から謝りました。

和尚さんは目を細めて「そうかハタラカンが来てくれたんじゃな。」

「え?ハタラカン?」

「そうじゃ、ハタ羅漢じゃよ。怠け者がこの奥山方広寺に来ると必ず羅漢さんが働かぬ小僧さんに乗り移って修行させてくれるのじゃよ。人が動くと書いて働くじゃ。端(はた)を楽にするのが働くじゃ、解るか?」

「ところで、夢に出てきたお経は般若心経とか大悲呪じゃ。」

「そして照安のその寝言じゃが、観音経に出てくる『無垢清浄光 慧日破諸闇(むくしょうじょうこう えにちはしょあん)』という尊い教えなのじゃ、っはっはっ・・・。」

本堂と紅葉

朝晩は冷えますが、日中は暖かい日が続きます。

今年は紅葉の見頃も遅かったですね。

1週間程前から、ようやく正光寺の紅葉も見頃を迎えました。

紅葉は寒くならないと、葉に糖分がいかずになかなか色づきません。

春の桜。夏にかけてさつきや百合の花、秋の紅葉、冬の梅。

鮮やかな色で目を楽しませてくれる樹木も良いですが、冬の枯れ木も良いですね。

余計なモノ、葉っぱを落とした後の幹や枝だけの木々もまた味わい深いなぁと思いますが、いかがでしょう。

花や葉など、飾りたてたモノがなくなった後こそ、その庭の真価が問われる気が致します。人間も同じかもしれません。

本格的な冬はまだ来ないようですので、冬の庭が訪れるのもまだ先になりそうです。

散髪

お正月に向けて、剪定・剪定の毎日です。

松の剪定(散髪)を始めました。

プロの庭師さんではないため、1本あたり6時間~8時間かかりますが、頑張ります( ^o^)ノ

方広寺青年会ふれあい法話

本日11月24日15時より浜松イズモ殿弐番館にて、令和元年度方広寺青年会ふれあい法話がございました。

講師は、「ぶっちゃけ寺」でもお馴染みの浄土宗光琳寺副住職の井上広法師です。

『いのちの積み木』~ご先祖さまを見える化する~

と題して、非常に分かりやすくお話くださいました。

「ぶっちゃけ寺」に関わる経緯など裏事情を時にはオモシロ可笑しく語っていただけました。

お話のテーマはお坊さんなら誰もが語ったことがある内容です。

相田みつおさんが100年遡ると自分のご先祖さまが何人いるかという詩を書いていらっしゃいましたし、私自身、夏休みこども坐禅会にて、このご先祖さまについてのお話はよくしています。

しかし、積み木を使って、〝視覚〟と〝聴覚〟に訴える方法は思いつきませんでした。

新しい方向からの、光の当て方、見せ方が勉強になりました。

ありがとうございました。

菊花 酢の物


街路樹が綺麗に剪定される頃、正光寺におきましても年度末の境内の樹木の剪定が行われます。

そんな作務(お掃除)ざんまいの日々で投稿が滞っておりましたが、

最近、「おっ、これは!?」

と思った一品がこちら。

菊の花の酢の物です。

初めていただきましたが、歯触りもしゃきしゃきとしていて、さっぱりとしていて美味しかったです。

はちみつりんご酢でいただきましたが、酸っぱいのが苦手という方は翌日お召し上がると酸味が落ち着いています。

ご興味ある方は是非。

干支色紙(子年)

先日、奥山方広寺にて御詠歌大会がありました。

私も青年僧有志の部にて出場。

参加記念に干支色紙を頂戴しました。

来年の干支色紙(方広寺にて販売中。2枚の内の1枚。)がこちら。

方広寺の安永祖堂管長猊下の字に、正光寺住職 松尾正澄の禅画の干支色紙です。

来年の干支にちなみ、管長猊下が「年寿美(ねずみ=ねんじゅ、うつくし)」と墨書されています。

添付解説文によりますと。

神様は十二支の動物の順番を早い者勝ちで決めることにしたそうです。最初にやってきたのはウシだったそうですが、そのウシの頭に乗っていたネズミがぴょんと跳んで入って一番にゴールしたそうです。

身近な生き物に親しみを感じる昔話ですね。

方広寺には金澤翔子先生の「共に生きる」という立派な額が本堂入り口に掛かっています。

生きもの全てに仏の御命を見いだせる一年にしたいものではありませんか。

とありました。ネズミを見かけたからといって悲鳴を上げてはいけませんね(^_^;)

墨跡Tシャツ

湖西市の東福寺さんに、円覚寺の横田南嶺老師の墨跡をプリントしたTシャツをいただきました( ^o^)ノ

こういった墨跡Tシャツは何枚か持っていますが、作務(お掃除)する時に非常に重宝します。

夏は特に作務衣の替わりになくてはなりません。

いや~、ありがたい!!

大切に使わせていただきます!!

初ドラゴンフルーツ

先日、犬の散歩をしていましたら、ご近所の方にドラゴンフルーツをいただきました。

ドラゴンフルーツ。

名前だけは聞いたことがありましたが、食したことも、まじまじと見つめたことも無かった、このフルーツ。

サボテン科ヒモサボテン属のサンカクサボテン等の果実を指す、メキシコ・中南米の熱帯雨林原産だそうですね。

果皮が龍の鱗に似ていることから〝ドラゴン〟と言われているそうです。

浜松でも育てることができるんだ~とちょっと感動しながら、早速食してみました。

すごい!こういう中身なんだ。大根にゴマがまぶされたような見た目。

食べてみると、外観とは裏腹にとてもあっさりとしていて美味しかったです!!

ごちそうさまでした(*^_^*)

作務(お掃除)

ようやく秋の気配といいますか、涼しくなってきました。

お坊さんの衣替えは、10月15日でして(臨済宗方広寺派の場合)この日を境に夏衣から冬衣へと替わります。

しかし、衣替え当初は暑いのなんの。

特に今年は暑かったですね。

梅雨が長くて夏が来るのも遅かったですが、秋が来るのも遅かった気がします。

ようやく蜂も姿を見せなくなりました。

今年は蜂と蛇に遭遇する回数が多かった気がします。

夏が終わり、草の伸びる速度も少し和らいできました。

日々、作務(お掃除)に邁進しております。

ビフォー。

アフター。

お寺に生息する様々な生き物

お寺に生息するさまざまな生き物たち。

最近、下校途中の小学生に見せてもらったのが、巨大なカニ。

大人のこぶし大位の大きさのカニです。

お寺横の畑で捕まえたそうですが、これにはびっくり(゜Д゜)

ハサミに毛が生えていました。

捕まえた男の子の話だと、このカニは雄だそう。

小学生の博識ぶりにもびっくりしました。

自然がのこる場所だからこその、生き物たちとの遭遇でした。