木守り柿

柿の木

鈴なりに柿の実がついています!!

今年は豊作ですね。

秋の風物詩とも言える柿ですが、「木守り柿」の風習というのを初めて知りました。

「木守り柿」とは取り尽くさず、いくつか木に残す実をそう呼ぶそうです。

来年もよく実るように、「お守り」として。

あるいは「鳥のため」に残しておくそうです。

「もったいない」という美徳が今よりも息づいていた昔に、お守りとしてであったり、鳥のためという理由で残していた。

すごく良いなぁと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です