姫リンゴの実

2年前に上島の徳正寺さんからいただいた「姫リンゴ」の木です。

三重県桑名市産の姫リンゴ。

2年前に植樹した後、その年の台風の塩害により葉は落ち、枝は枯れ、一時期はもうダメかと思いましたが、昨年の春に花が咲くまで回復しました。

今年も花が咲き、嬉しく思っていたら、小さいながらも実をつけるまでとなりました。

「桃栗三年、柿八年・・・」ということわざがありますが、リンゴも実がなるまでには幾星霜を経なければならないのだろうと思っていただけに、実を見つけた時の感動はひとしおです。

食用として大きな実ができるのは、まだ2・3年先のこととなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です