蚯蚓段段孰是真

蚯蚓段段孰是真(きゅういんだんだんいずれかこれしん)

暖かくなってきましたね。

花粉が飛び始め、雑草が生えて、春の気配です。

お寺用語で「園頭」(えんず)というのは、畑仕事のことを指します。

夏野菜をそろそろ育てるにあたり、堆肥を掘り起こしてみると。

ミミズ(蚯蚓)がうじゃうじゃ。

百。いやいや千匹はいるかという位、堆肥に住んでいました。

ありがたい。

ミミズのおかげで、雑草や落ち葉や野菜の端切れが、野菜の生長を育む良い堆肥に生まれ変わります。

ミミズの身体を介す前の堆肥は、栄養が強すぎて逆に野菜の生長を阻害しますので、本当にミミズ様々です。

そんなミミズ様々を見ていると。

ふと思い出したのが、表題の「蚯蚓段段孰是真」という禅問答です。

どういう意味かといいますと。

「ミミズが二つに切られてしまった。さて、どちらが本当のミミズだ?」という問いです。

百丈禅師が言ったとされるこの問答。

百丈禅師が弟子と一緒に園頭(畑仕事)をしていると。

たまたま振り下ろした鍬に当たって、可哀想なミミズがまっぷたつ。

すかさず師匠が「一匹のミミズが右と左に真っ二つだ。では、ミミズの命はどっちに行った?」

・・・・。

堆肥を食べてくれているミミズを眺めながら、ふと思い出した禅問答でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です