浜松恐竜ワールド

アクトで開催中の恐竜展に行ってきました!!

福井県立恐竜博物館の協力で、化石から複製した全身骨格約40点を展示。

写真のティラノサウルスは全長12メートルの〝実物大〟の動くロボット😆

こんなの見たことない!!

凄いですね〜。

博物館もこんなに進化してたんだ!?

オモチャの進化にもびっくり😆

恐竜の卵。

ガチャガチャのように2つに割るんじゃないんです。

水につけて孵化させます。

正確な日数は忘れましたが、たしか48時間〜72時間だった気が・・・。

凄くないですか!?そんなに時間かけます!?

こどもが一番欲しがったので、これをお土産に。

私は面白い!と思いつつ、丸2日〜3日かかるので若干、卵のことを忘れそうになりました😓

最近の流行りは、「ひと手間」なのでしょうか??

時代は「効率」から「ひと手間」へ。

なんでも直ぐに手に入る、いかに効率良くするかを推し進めた結果、揺り戻しが来たのでしょうか。

「ひと手間」かけることで、生き物を誕生させるという〝体験〟ができるのは確かです。

このオモチャは非常に時代を捉えているなぁと思いました。

SNS等で誰もが発信者の時代。

みんなが表現者の時代なんですよね。

単なる〝観客〟であるより〝体験〟したいんだ。という今の時代の欲求をこのオモチャは見事に汲み取っているなぁと感心しました。

(しかし、思えば数十年前のたまごっチの爆発的人気もそういうことか。)

会場は夏休みのため、大勢のこども達で大人気でした!!

しかし、幼いこどもの場合、〝体験〟スパイスが効きすぎて、生まれる直前まで、ホンモノの〝生きている恐竜〟が生まれてくると思ってしまう場合もありますので、ご注意を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です