大通院御守

大通院 お守り

以前もこちらのブログで「積み木」を紹介しましたが、今回は御守です。

方広寺派のお寺で、由緒寺院の一つである「大通院」の本堂が70年振りに新築されます。

70年お寺の本堂を支えていた檜の柱が新しく「積み木」としてだけでなく、「御守」にもなりました。

「大通院」の文字は通応和尚の書かれたもので、十三弁の菊の紋は、大通院で出土した瓦の拓本から印刷されたそうです。

檜の香りが心地良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です