住研(能仁師)in 奥山

方広寺 塔参

去る6月22日に奥山で住職研修会がありました。

講師は、禅文化研究所の能仁師。

引導・法語の先生です。

臨済宗では葬儀の際に引導【喝!!】を渡します。

引導の前に漢詩を作って唱えるのですが、漢詩を作る際には細かなルールがあります。

平・仄・韻を踏む等々、それはそれは微に入り細に入りです。

垂示式(修行道場を終えて試験に合格した後の儀式)の際にも苦労して漢詩を作りましたが、その頃の記憶が蘇りました。

改めて勉強してみて、難しいけれど面白いと思えたのは収穫でした。

下の写真は上の写真と同じ場所「願王塔」です。

搭参 看板

左手に看板が見えますでしょうか。

方広寺で昔から伝えられている「十景」というのがございます。

このたび拝観の方にも「十景」をわかりやすく伝えようと、看板が立てられました。

「十景」の内のひとつがこの「願王塔」です。

他、九景も山の各所に点在しています。

それらを探していただくのもまた参拝の醍醐味かもしれません(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です