桜(さくら)

桜

正光寺の桜です。

いつのまにか、綺麗な花を咲かせていました。

今年は例年と比べると少し遅いようですね。

温度なのか、水分なのか、日差しなのか。

桜のみぞ知ることでしょうが、何かが足りなかったんですね。

なにはともあれ、春の到来です。

 

「桜」といえば、神が降り立つ木とされています。

昔は「さ」が神を表していたそうで、「さおり」は神様が里に降りてくることだったそうな。

「くら」は座る場所。

「さ」・「くら」=「桜(さくら)」は〝神が座る場所〟。

面白いですね。

しかし、神が降り立つ木は桜だけではなく「松」もそうだと言われています。

松に降り立つ神は祖霊神で、祖霊神は農業神にも変身します。そして、この神が大晦日にやってくる場合を歳徳神というそうで。

門松はこの歳徳神を迎えるために玄関前に飾るようです。

神を「待つ(まつ)」から「松(まつ)」で、神を待つための儀式が「祭り(まつり)」。

それにしても、「桜」は花の美しさだけでなくその散りゆく姿も含めて愛されています。つまりは移ろいゆく「諸行無常さ」を美徳と感じ。

「松」は〝常葉の松〟といい、その「変わらなさ」が愛されています。移ろいゆく無常の中の「永遠さ」を美徳と感じているわけで。

その両方に「神が降り立つ」と。

「無常」と「変わらなさ(常)」両方を美徳として大切にしている日本人って、やっぱ良いな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です