奥山にかんづめ。

佐々木閑先生

3月9日・10日と2日間にわたる佐々木閑先生の仏教史勉強会が無事に終わりました。

先生の専門である原始仏教=「釈迦の仏教」についての講義でした。

①ブッダの生涯

②仏教成立以前のインドの社会構造

③僧団の生活規則

④仏伝・仏教聖典

等々。

2日間で9時間超えの講義でしたので、大学の授業でいうところの6コマ以上です。

初日は5時間10分の講義中、休憩時間は10分でしたが、非常に面白くてあっという間の5時間でした。

人間の集中力は1時間30分を限度に段々と落ちていくというのを、脳科学の本かなにかで読んだ記憶がありますが、なかなかどうして集中力も案外型にはまらないモノですね。

4年前に読んだ『インド仏教の歴史』(竹村牧男著)。

この本を読んだ後にでてきた疑問点が、今回の講義で溶解しました。

さらに知識を深めていきたいと思います(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です