紅葉

%e7%b4%85%e8%91%89%e3%83%bb%e6%ad%a3%e5%85%89%e5%af%ba

正光寺本堂前庭の紅葉です。

だいぶ色づいてきました。

年末に向けて、ますます色づいていきそうです。

紅葉には花とはまた別の美しさがあります。

花は「咲き誇る」という動詞があるように、無意識にせよ、なにかしら誇らしげな気分を感じます。

対して、紅葉の印象はどうでしょう。

ただ枯れていく。ただ、ただ、枯れていく。

紅葉は枯れていっているだけなんですよね。

そのことにあらためて気づいたんですが、凄いと思いませんか。

なにも思わず、ただ枯れていっているだけなのに、紅や黄色に色づき見ている人達を楽しませる。

凄いです。凄すぎです。

なにも思わない、魂胆が何も無いからこその「美しさ」なのではないでしょうか。

老いることはなにも悲しいことだけじゃない。

老いること、枯れていくことで紡ぎ出す「美」も確かに存在するようです。

紅葉のように年を重ねたいものです(*^_^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です