こもりうた

子守歌。

子守歌といえば、「ねんねんころ~りよ~、おころりよ~、ぼうやはよい子だ。ねんねしな~」だと思っていましたが、でも、実際は何種類もあるんですね。

その内のひとつに、『ねんねんねやまの こめやまち』というのがあります。

ねんねん ねやまの こめやまち

 こめやの 横丁をとおるとき

 ちゅうちゅう ねずみが ないていた

 なんのようかと きいたらば

 大黒さまのおつかいに ねんねした子のおつかいに

 ぼうやも はやく ねんねしな 大黒さまへまいります

昔から、ねずみは大黒天の使者だと言われますが、子守歌にまで登場するところをみると、よほど広く知れ渡ってるようですね。

大黒様といえば七福神。

大地を掌握する神様(農業)であり、大きな袋と打出の小槌を持ち財宝・福徳開運の神様です。

白隠禅師は「鼠大黒」という禅画で大黒天に使える鼠の忠臣ぶりを、鼠の鳴き声「チュー」とかけて、儒教の基本徳目である忠孝さえ勤めるならば、それが隠れ蓑・隠れ笠・打出の小槌にもまさる宝物だと諭しています。

子守歌のねずみは、どんな宝物を届けてくれるんでしょうね。

%e3%81%ae%e3%81%a9%e3%81%8b%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba%e7%b8%ae%e5%b0%8f

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です