御 祈 祷

正光寺で行えるご祈祷内容

  • 車のご祈祷
    交通安全・無事故無違反を妙見菩薩が願います。
  • 諸願祈祷
    個々人の諸々のお願い事。
    良縁成就・身体健康・家内安全・厄難消除・當病平癒・学業成就等をお祈り致します。
  • 動物供養
    大切なペットが亡くなった後も、ペットとの思い出や繋がりを大切にご供養致します。
  • 地鎮祭
  • お宮参り
    生まれたばかりの赤ちゃんを観音菩薩様(御本尊様)と妙見菩薩様(鎮守様)に報告すると共に、その成長を見守っていただきたいとお願いする儀式です。
  • 行事始めのご祈祷(プール開き等々)
    安全祈願・無事故・円満成就を祈ります。

    願い・祈りの実践

    仏教は坐禅だけではなく、「祈り」の実践でもあります。
    自力・他力という言葉がありますが、自力とは自分の力で修行をしていくこと。
    他力とは観音様や神様・仏様といった他者の力におすがりして、お任せすること。
    坐禅をすることは自力であり、祈りは他力の実践です。しかし、違うようでいて両者の行き着くところは一緒です。

    それは、両者とも己・自我を捨てるための修行であるということです。

    自分のわがままな思いを離れて、すべてを委ねる。天の心のままに全てを任す。

    坐禅をして自我を捨てると、人の為に役に立てて嬉しいといった慈悲の心があらわれてきます。また、自分のことを忘れて、なにか人の為に祈るということは『慈悲の心』そのものです。

    もうおわかりでしょう?

    そうです。祈りとは「人のため」にするから尊いのです。
    祈れば必ず願いが叶うわけではありません。お賽銭をあげれば必ず願いが叶うと考えると、それはもう神仏との『取引』です。一般社会の経済原理と同じですね。単なる金銭取引・物々交換になってしまいます。
    自分の私利私欲のために祈って、願いが叶えばお賽銭をはずみ、願いが叶わなければ
    不満顔で文句をいう・・・仏様も呆れかえるのではないでしょうか。

    そうは言っても、自分のために祈ることもあるでしょうし、そんなときはどうしても私欲が働いてしまいます。ああしてクダサイ。こうしてクダサイと祈るのではなく、どうか道をお示し下さいと無心に祈ることによって、人間の素直な心がよみがえってくる。それこそが、み仏のはからいではないでしょうか。

    仏式の正式なお参り作法「礼拝」(三拝等)は、地面に身を投げ出して聖なるものにひれ伏します。あの姿がまさに『祈り』というものの本質を言い表している気がいたします。

    『念じてください』坂村真民 先生

    念じてください
    日に
    月に
    星に
    手を合わせて

    念じてください
    木に
    石に
    地球に
    額をつけて

    念じてください
    病いに苦しむ人たちのために
    貧しさに泣く人たちのために
    痩せ細りゆく難民達のために

    念じてください
    少しでもお役に立つことのできる
    人間になることを
    そして生きてきてよかったと
    自分に言える一生であるように
    二度とない人生だから
    かけがえのないこの身だから