のどかな日常

正光寺ののどかな日常を徒然なるままに綴ります。

のどかな日常

華道8

アカパンサスの一種生けです。

アカパンサスの葉はハランと比べると表裏が分かりにくいのが特徴です。

副のあしらいがハランの時と生け方が異なるなど勉強になりました。

自由花はアカパンサス(白)、薔薇、紫陽花、ヤツデの4種です。

前回と似ているようで違います。

この形に落ち着くまで、随分試行錯誤しました。

華道7

ヤマツツジと小菊の二種生けです。

今までの中で一番難しかったです。ヤマツツジ。

まずなんといっても、あまり撓めが効きません。

次に花材から枝ぶりの良いのを吟味するのも難しかったです。枝ぶりによって、本勝手か逆勝手かを選択せざるを得ないため、ヤマツツジの言う通りにしないといけない点。これも撓めが効かないからなんですよね。

難しいです。

自由花は、アカパンサス、紫陽花、薔薇、ヤツデの4種です。

アカパンサスは境内のあちらこちらにも咲いている馴染み深い花の一つです。

山門前や西の庭にも咲いています。

ヤツデは天狗の団扇のような形をしていますが、今回は薔薇や紫陽花に合わせる形でまぁるく切ってあります。

カボチャがごろごろ。

堆肥置き場から、かぼちゃが自然発生的にごろごろと実をつけました\(^_^)/

美味しそう!!

きゅうりとナスは今年サントリーさんの苗を一苗ずつ育てましたが、凄く綺麗な実がなりました。

浅漬けにしたりしながら毎日いただいています。

梅シロップ(後半)

5月19日のブログで書きました〝梅シロップ作り〟。

前回は、青梅のヘタを採り冷凍させたところで終わりました。

一晩冷凍させた青梅がこちら。

青梅と氷砂糖を交互に瓶の中へ敷き詰めます。

すると。

梅を凍らせたことで、繊維を壊し梅のエキスが出やすくなっているようです。

翌日にはエキスが出てきました。。

上の方はこのエキスが届いていませんので、満遍なくエキスに浸かるように、瓶をぐるぐると回します。

あとは冷暗所に置いておき、毎日全ての梅が一度はエキスに浸かるように瓶を回します。

6月16日。

約一ヶ月が経過しました。

梅を取り出すと、からっからっになっています。

ハチミツのような濃厚な色味と香りです。

目の細かい布で漉して、鍋へ移します。鍋2個分になりました。

弱火で15分位火にかけます。沸騰しないようにお玉でぐるぐる回します。

冷ましたら、冷蔵庫へ保存して完成です!!

お水や炭酸水などを加えていただきます。

これからの夏バテ予防に最適です。